中古マンションを購入する時に気をつける点とは

2017年11月10日 / 未分類

家を買うときに中古マンションを考える人も多いのではないでしょうか。中古は新築とは違うのでをつける点がたくさんあります。では、中古マンションを購入する時にをつける点をいくつか紹介したいと思います。

まず大切なのは資産価値の落ちにくいマンションを購入する事です。

確かに中古マンションを買うとなると一生住むつもりで購入する人が多いでしょうが、それでもいつ転勤、転職などの都合によってマンションを売ることになるか分かりません。

そのときに資産価値がすぐに落ちてしまうマンションを選んでしまうと高い段で売ることが出ません。

また、新しいマンションを購入するとダブルで支わなくてはならないので出るだけ資産価値が落ちにくいマンションを選ぶ事が大切です。

そして、資産価値が落ちにくいマンションの条件は立地が良い、管理態良い、規模が大きいマンションが良いと言われているので以上の条件にをつけながら中古マンションを購入すると良いでしょう。

そして、中古だけに言えるわけではないのですが、無理のない範でローンを組む事が大切です。中古とはいえ場所によってはすごく高いマンションがありますよね。

そのときに自分の入に見合わないローンを組んでしまうと後で苦しんでしまう事になるので、える金額のローンにしておく事が大切です。また、一軒家とマンションの違いは月のローン以外に管理費、修繕積立費、駐車場代、固定資などが他にかかってくるのでそれも計算して中古マンションを買うようにしましょう。

住宅のシュミレーションをするときはローンだけではなくてこれらのお金もかかるのできちんと計算してから中古マンションを買うようにしましょうね。

また、に入った物件は必ず現地確認をしてから購入する事をおすすめします。希望の物件を見つけたら間取りだけ見て決めるのではなくて出れば回は見ておいた方が良いでしょう。

建物のチェックはもちろんですが、朝、、夜などの周辺環境を見ておくことが大切です。一生に一度の買い物になることが多い中古マンションなのでしっかりと確認しておく事が大切です。

このように中古マンションを購入するときにをつけるポイントをいくつか紹介しました。

中古マンションを買うのが初めてという人がほどんどだと思うので注意点をしっかりと確認してから買うようにしてくださいね。そして、自分がに入って一生住みたいと思ったところを購入してくださいね。

カテゴリー

TOPへ戻る