北海道

2014年10月19日 / 不動産購入

利回りの高さが魅力

北海道で中古マンションや一戸建てを購入する際のメリットとして挙げられるものが利回りの高さです。

平均して10%以上の利回りとなっている特徴があります。

 

なぜ、北海道でこれ程までに利回りが高いのか。

満室で借りる事が出来ないアパートも多々見かける事があります。

北海道では、地域により不動産投資に適している場所や適していない場所と分かれてきます。

 

なぜ北海道は利回りが高いの?

 

エリアによっては、その場所の地主がアパート経営を昔ながらの手法で行っており、勝ち組と負け組がはっきりと分かれる事もあります。

 

例えば、現在は東京に在住をしているが、北海道の不動産投資は利回りが良いので是非検討をしてみたいという方がいるとします。

 

東京在住で北海道の物件に投資をした際は自ら管理をする事が出来ず、ほぼすべてにおいて現地の管理会社に任せっきりという状態になってしまうのです。

 

自分の資産を管理会社に任せっきりで、果たして投資として上手くいくのでしょうか。
管理会社に言いなりになってしまう事もあります。

 

また、東京在住であまり北海道の土地勘にも詳しくない場合はリスクがあります。

 

借り手がいる地域を見極める

 

どの地域が借りてが多いのか、借り手の多い地域を見つけたが、周辺環境はどうか、いざ物件の購入をしてみたが近隣住民とのトラブルが耐えない、夜になると除雪車の通行で思った以上に騒音が激しいエリアだったなど。

 

もちろんそのエリアに詳しくない場合は、その地域に密着をした不動産会社を通して購入をされる事でしょうが、やはり見知らぬ土地での不動産投資はリスクがつきものです。

 

そのような土地で不動産投資をされる場合は2年から3年の期間じっくりと腰を据えて住んでみて土地勘を養った上で投資をされる事をおすすめします。

 

利回りの高さのみで、安易な判断をするのは危険な行為です。

カテゴリー

TOPへ戻る