中古一戸建ての購入

2014年10月17日 / 不動産購入

中古一戸建て物件購入の基礎知識

 

中古一戸建ての購入を行う前に基礎知識を覚えておきましょう。

 

中古一戸建ても購入すると、必ず不動産登記簿を作成する事になります。

 

一筆の土地または一個の建物ごとに、その物理的現状である表示に関する登記や、利権に関する登記を記録したものを登記記録といいます。

 

表示に関する登記は表題部に記録され、利権に関する登記は利権部に記録がされていきます。

 

1、表題部とはなにか。

 

表題部には、その土地の所在、地番、地目(土地の用途)、地積(土地の面積)等が登記されています。

 

一方、建物の表題部には、その建物の所在、地番、家屋番号、種類(住宅・店舗)、構造(例えば、「木造かわらぶき2階建て」等)、床面積が登記されています。

 

これらのほか、表題部には所有者の氏名が登記されますが、いったん所有者の保存の登記がされると、以降、所有者に関しては利権部で登記される為表題部の所有者の氏名は抹消されます。

 

2、表示に関する登記の性質

 

表示に関する登記は、原則として所有者に申請義務が課せられています。例えば、建物を建築したときは、所有者は一ヶ月以内に、建物の表題登記をしなければなりません。

 

もし、所有者が登記をしないときは、科料に処せられるとともに、所有者に変わって、登記官が職権で登記する事が出来るのです。

 

表示に関する登記は、原則として所有者が単独で申請します。

 

中古マンション購入前に見るポイント

 

中古マンション購入後のトラブルを経験した自分として、これから「中古マンションを購入しようとしている人」に対して言いたいことはと言えば、「中古マンションは仲介会社がいるところで売買した方がいい!」ということですね。

 

いや、やっぱり間に立ってくれる人がいないと、何か問題があった時の対処で頭を抱えますよ。中古マンションだけではないと思いますが、個人が売り出す高額の商品の場合には、ビジネスとして間に立ってくれる人がいないと、本当に面倒なことになるのですよね。

 

まあそれだけ「個人とのやりとり」には危険が含まれているということが言えるでしょう。お互いに良さそうな印象を抱いていても、お金が絡むことですからね。ですからこそ、仲介会社は必要な存在だと思うわけです。

 

そのように思うのは、まあ「中古マンションの購入を個人でやり取りしたから」なのです。私は購入した側であり、中古マンションの管理会社というものはありました。けれども、中古マンションの管理会社はあくまでそのマンションを管理しているだけの会社ですから、中古マンション物件の売買については携わっていないわけです。

 

個人でのやりとりで中古マンションを購入して、そして中古マンション購入後のトラブルも結局は最後まで個人間でのやりとりになりました。そして、元中古マンション物件のオーナーとは、おかげさまで険悪な感じになりました。

 

中古物件の配管劣化

 

中古マンション物件を購入した私側の主張としては、「配管が悪くなりすぎている!見学時には気がつかなかったけれど、住み始めたら匂いがひどい!なんとかして欲しい!(配管のリフォーム費用をいくらか持って欲しい。私は配管の劣化を知らされずに購入したのだから)」というものだったのですが、中古マンションの元オーナー側の主張はこのようなものでした。

 

「見学時や交渉時に確認しなかったのだから、配管に問題があってもそちらの責任。騙したつもりはない。もう売買契約は終了しているのだからリフォーム費用はこちらは一切出さない」という中古マンション物件の元オーナーの主張でした。いや、確認しなかった私に確かに落ち度があるのですが、しかしながら配管の状態を考えますと「知らなかったわけないだろう」と思われるものですからね。そしてまた、配管リフォームの費用を考えますと、「騙したんだから一部でも出せ!」というほどの金額です。クロス張替えレベルではありません。

 

そしてこれらのやり取りをすべて個人間で行いましたので、なんだかドッと疲れました。これで中古マンション売買に仲介会社が入ってくれていましたら、会社を通してのやり取りですから、ここまで消耗しないそうなのですが…。

 

それと、中古マンション購入後にトラブルにならぬように、隅々まで確認することです。とくに「配管」は意外と見落としがちです。オーナーに直接聞くなり、しっかりチェックするように。

カテゴリー

TOPへ戻る