東北

2014年10月20日 / 不動産購入

不動産売却の方法

東北の不動産を売却したいときは不動産会社によって仲介と買取の主に2つの方法があります。

 

仲介では売却したい不動産を売出し中とインターネットやチラシ、看板などで宣伝して買主様を探します。


仲介を頼むときは専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約と3種類の契約方法から都合に合わせて選んで不動産会社と契約します。

 

専属専属専任媒介と専任媒介契

 

専属専任媒介契約、専任媒介契約では複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことは出来ません。


一般媒介契約では複数の不動産会社と媒介契約を結ぶことが出来ます。


専属専任媒介契約は1週間に1度、専任媒介契約は2週間に1度、売主様に販売状況の報告を行うお約束になっています。

 

主な違い

 

不動産の仲介が成立すると不動産会社は買主様と売主様の両方から仲介手数料を頂いて収益源にしています。


そのため専属専任媒介契約、専任媒介契約のほうが販売活動に一生懸命になってくれることが多いです。


その代わりに窓口が1社だけになるのでその不動産会社にお任せするしかありません。


一般媒介契約では窓口が複数社になるのでそれだけ買主様が見つかる幅が広くなりますが、


せっかく販売活動を行っても他の不動産会社に決められてしまうと仲介手数料が入らなくなるので一生懸命になってくれないことがあります。

 

買主様がなかなか見つからないと不動産売却成立まで長期化してしまいます。

 

不動産売却をスムーズに行う為に


不動産会社が自社で買取している場合は買主が不動産会社であるために買主を探すために宣伝活動を行わずに済み、すぐに不動産売却成立出来るのが利点です。

 

その代わりに不動産会社じたいが売れ残りのリスクを持つことになるので、仲介より高く売却できないことがあります。

 

不動産会社によっても査定がバラバラですが、出来るだけ高く売却したいときは信頼出来る不動産会社を委託するのが良いでしょう。


また、不動産査定サイトでは複数の自社買取している不動産会社が登録していて、一度の入力だけでまとめて複数社に査定を依頼することが出来ます。


後は査定を比較して一番高い査定をつけた不動産会社に売却するだけで簡単、手間もかからないです。

カテゴリー

TOPへ戻る