不動産検索住宅情報の総合サイトです。

当サイトでは不動産会社にお部屋の案内をしてもらう際にポイントとなる注意しておきたいお部屋の見学ポイントを主にアドバイスしております。

物件検索情報サイトには多くのお部屋情報が掲載されておりますが、その地域により様々な注意しておきたいポイントが存在します。

例えば、ご家族でご入居をされる場合には使い勝手の良いキッチンがあるかどうか、そして間取りは家族でも住み易いレイアウトで造られているか、建物自体に老朽化が見られるか、そして周辺環境は便利な立地となっているか等、いくら綺麗なお部屋で築浅物件のお買い得賃料だとしても、駅から徒歩10分以上や周辺に電車が通っており、一日中踏切の音が部屋まで聞こえる等の騒音問題など、物件の外観やお部屋の清潔感のみで安易なご入居を決めるべきではという点を留意して下さい。

また、不動産賃貸契約の際に気をつけておきたいポイントや賃貸のみではなく、今おすすめの不動産投資情報等もお届けしております。

土地の価格が落ち着いている現在、不動産投資の穴場スポットや土地価格が今後も上昇し続けるエリアのご紹介等、お得情報満載でお届けします。

物件選定のポイント

不動産投資初心者の方や、賃貸物件をお探しの方で内見の際に注しておきたいポイントを解説しております。

主な不動産購入ポイントとして、

1,駅近物件

2,都心部物件

3,周辺環境が優良(スーパーマーケットが周辺にある、閑静な住宅街、騒音問題に悩まされる事がない。)

4,今後も賃貸でアパートを貸しに出せる見込みがある場所

5,年数が経過しても人気の衰える事のない地域

6,信頼のおけるデベロッパーが建築した物件

以上のように不動産を購入する際には多くのポイントを判断しなくてはいけません。信頼のおける大手デベロッパーによって建築された物件は、立地条件がよく建物自体もしっかりと造られている物も多いため、見学の価値があります。

また、駅近物件が注目されている理由として、近年では『駅力(えきりょく)』という言葉が定着している事にあります。家を買うなら、「人気の高い路線で、将来性のある駅」にこだわりを持っている事が多いのです。

定番からニューフェイスまで、利便性・イメージともに評価が高い私鉄5路線をピックアップしました。東京周辺の定番駅近物件や東京23区内のお買い得不動産物件も多数ご紹介致します。

中古マンションは、新築マンションと比べると安く購入出来る事や購入前に室内を内覧する事が可能な事、どんな住民が暮らしているのか把握しやすいというメリットがあります。

新築マンションに限定してしまうと、立地場所に関しては選択肢が狭くなってしまいますが、中古マンションなら希望の場所に住むチャンスが広がります。

中古物件のトラブルを避ける

ただし、中古マンション購入後のトラブルに悩まされるケースも珍しくありません。中古マンション購入後のトラブルにはどの様なものがあるのでしょう。

また、トラブルが発生した場合はどうすれば良いのでしょうか。

中古マンション購入後によく見られるトラブルは、設備の故障や構造上の欠陥が圧倒的に多くなります。

内装などのトラブルは、内覧の際に発覚しやすいのですが、設備や構造などのトラブルは住んでからでなくては分からないケースが圧倒的に多いんですね。

その為こうした事が、購入後の中古マンションのトラブルとして起こりやすいのです。

こうした中古マンション購入後のトラブルは、築年数が古い程起こりやすいと思うでしょう。

しかし、設備に関しては築10年から15年程度の中古マンションの方がトラブルが起きやすい場合があります。

それは、15年前後が住宅設備の交換期にあたるからなんです。築20年を経過しているマンションの場合、住宅設備を新しくしたばかりというケースも多いものです。

しかし、築15年前後は売り主が設備を新しくする前に売却をしている可能性が高く、それ故に設備トラブルが起こりやすい傾向にあります。

もし、中古マンションを購入後にこの様なトラブルが起きた場合、瑕疵担保責任や不動産会社のアフターサービスによって対応出来る可能性があります。

中古マンション購入後のトラブルは、気がついたら早急に売り主や仲介不動産業者に連絡をとり対処しましょう。
対処が遅れるほど、問題が複雑になりやすく、購入者側が損害を被りやすくなりますよ。

中古マンション購入後のトラブルを防ぐためには、やはり購入前にしっかりとチェックをする事が大切ですね。内覧の際はどこをチェックするべきかリストを用意したり、設備はいつ更新されたのかなども確認しておくべきです。

出来れば内装は1度のみではなく、曜日や時間帯を変えて複数回行ってみましょう。また、家具のない状態での内覧が望ましくなります。

住人が住んでいる状態での内覧は、確かに実際に生活をした時の感覚が掴みやすいですが汚れや破損が発見しにくいというデメリットがあります。

中古マンションは購入後のトラブルの可能性も念頭に置いておきたいものですね。

東京都内の不動産物件のみではなく、大阪・兵庫・京都ほか注目が集まっている海外物件、多数のアパート建設が行われているバンコク 不動産もご紹介。それぞれが異なる個性を持つ住宅情報満載です。

家を買おうと思う人に高い支持を受けているエリアでも、「高級住宅街」「エネルギッシュな下町」「ファミリーに最適」など、それぞれの生活スタイルにあった物件や特徴を理解し、後悔のない不動産を購入しましよう。

不動産購入時のポイント

住まい(不動産)を購入するには大きな資金を必要とします。

そのため、これから土地や一戸建て住宅の購入を検討している方は、事前にある程度の知識や注意点を把握しておくことをおすすめします。

今回は土地、新築一戸建て住宅、中古一戸建て住宅の3つの視点から、不動産購入時の重要ポイントなどを徹底解説します。

■土地の購入で重要になるポイントを解説

まずは不動産の土台となる土地を購入するときに意識しておきたいポイントをまとめましたのでご覧ください。

●土地購入で失敗を防ぐポイント

土地選びで見ておくべきポイントには、主に以下のようなものがあります。

・土地があるエリアの特徴
・通勤、通学の利便性
・スーパーなどの商業施設
・病院、銀行、郵便局などの公共施設
・希望する家を建てられるか否か

まず土地というのは地域によって雰囲気が異なります。

具体的には不動産開発(街づくり)から年数が経過したエリアであれば、高齢者が多く住んでいる、商業施設などの開発が進むエリアであれば比較的若い世代が集まっているなどが挙げられます。

土地を購入するときはこれらの雰囲気もある程度つかんでおくことが大切です。

たとえばですが、子どもを持つ家庭だと、同年代の子が多く住むエリアの土地を購入すれば、引っ越し後に子どもも暮らしやすいです。

また、親も子どもを通じて近所付き合いがしやすくなるといったメリットがあります。

その他、通勤や通学が便利、日常生活を送るのに困らない施設(スーパーなど)が近くにあるといった点を意識しておくと、土地購入の失敗を防げる確率も高まります。

そしてこれは一般の方にはあまり知られていませんが、土地によっては住宅を建てられる大きさや高さに制限が設けられていることもあります。

これを知らずに土地を購入してしまうと、後々希望通りの家を建てられない可能性も出てきます。

そのため、「建ぺい率(土地面積に対する建築面積の割合」などに関しても、事前に不動産会社へ確認しておくようにしましょう。

●土地購入の手順・流れ

希望の土地が見つかったら、購入に向けて動いてみましょう。

土地購入は一般的に以下のような手順、流れで行われます。

(1)買付証明書(購入申込書、買付申込書)を提出
(2)住宅ローンの事前審査を受ける
(3)宅地建物取引業者から重要事項の説明を受ける
(4)不動産売買契約の締結
(5)土地の引渡し

上記のように土地購入は大きく分けると、5つのステップで行われることになります。

まず、購入希望の土地が見つかった場合は、購入の意思を示す買付証明書を提出します。

その後、ローンを希望する場合は金融機関にて事前融資を申込みます。

ちなみに一般個人は土地購入に関する融資を受けることができませんが、その後住宅を建てる場合は先行融資という形で住宅ローンを利用することができます。

そのため、事前審査には建築予定の建物図面や見積書といった書類が必要になります。

その後、住宅ローンの事前審査が終わると、宅地建物取引主任者の資格を有する者(基本的には不動産会社)から重要事項説明を受け、契約締結、土地引渡しの流れとなります。

●土地購入の契約の流れ

金融機関での住宅ローン事前審査や、宅地建物取引業者からの重要事項説明を受けたら、次はいよいよ本契約の手続きです。

本契約は一般的に買主、売主、不動産会社、住宅ローンを借りる金融機関の担当者、司法書士の立ち会いのもとで行われます。

そして住宅ローンの本審査に通っている場合は、その日に融資され、即支払いという流れになります。

ちなみに本契約は基本的に司法書士がすべて行ってくれますので、買主は各書類の説明を受け、納得したらサインをするだけです。

そして最後に司法書士への報酬(手数料)を支払って本契約の締結は完了します。

●土地購入の契約書について

土地売買契約書は基本的に仲介する不動産会社が作成するものです。

この書面には非常に重要な事項が数多く記載されています。

土地売買契約書に一般的に記載されている内容には以下のようなものがあります。

・売買物件の表示(土地の面積など)
・売買代金、手付金、保証金の金額
・所有権の移転(登記)と引渡し時期
・公租公課(税金)の清算基準
・土地の実測や土地代金の清算
・契約違反による解除
・ローン特約
・瑕疵担保責任

ご覧のように土地の売買契約書には多くの重要事項が記載されています。

そのため、契約前に不明点などがある場合は事前に不動産会社の担当者にしっかりと質問しておくようにしましょう。

この念入りな確認が後々のトラブルを防ぐ重要なポイントにもなります。

■新築一戸建て住宅購入で重要なポイントを解説

新築一戸建て住宅は、中古住宅よりも価格が高くなりますから、事前に重要ポイントをしっかりと把握しておきましょう。

●新築一戸建て住宅購入で失敗を防ぐポイント

新築一戸建て住宅を購入するときは、物件の見学時(すでに完成している建売住宅の場合)にさまざまな箇所を入念にチェックすることが大切です。

よくあるのは各室内に入って辺りを見回すだけというものがありますが、これではその物件のメリットやデメリットを把握することができません。

新築一戸建て住宅の見学では、主に以下のような点を意識して見るようにしましょう。

・広さ(家族全員が集まったときに狭く感じないか)
・収納の使い勝手の良さ
・窓の位置(日当たりや部屋の明るさを重視する場合は大事)
・所有範囲(土地とセットで購入するのでどこからどこまでが自分の範囲か)
・駐車場(台数も確認しておく)
・セキュリティ(フェンスなど)
・コンセントが適切な場所にあるかなど
・周辺環境(安全性、騒音、異臭など)

住宅の間取りやデザインが良くても、実際に住み始めてから「収納スペースが足りない」「キッチンが狭い」「騒音や異臭がひどい」といった問題が出てくる可能性もあります。

特に騒音や異臭問題は、自分たちだけでは解決するのが難しいため、見学時に忘れないようにチェックしておきましょう。

●新築一戸建て住宅購入の手順・流れ

新築一戸建て住宅の購入時の基本的な流れや手順は以下のようになります。

(1)購入物件を選択する
(2)購入の申込み(購入予約)
(3)住宅ローンの事前審査
(4)売買契約の締結
(5)内覧(住宅が経つ前に契約をした場合)
(6)引渡し

新築一戸建て住宅の場合は、「建売住宅の購入」「土地を購入し、注文住宅を建てる」という方法に分かれます。

上記の新築一戸建て住宅購入の手順や流れは、建売住宅購入時のものです。

これが土地を購入し、注文住宅を建てる方法になると、必要になる手続きなどが若干多くなります。

ちなみに新築の建売住宅を購入する場合は、不動産サイトなどで物件を探し、購入予約を済ませます。

そして1週間〜10日後に不動産会社から重要事項の説明を受けて、正式に売買契約を締結します。

その後、残金の決済を済ませ、物件の引渡しを行います。

●新築一戸建て住宅購入の契約の流れ

新築一戸建て住宅の契約は一般的に不動産会社からの重要事項説明を受けたあとに、締結することになります。

この売買契約は通常関係者立ち会いのもとで行われ、契約内容に問題がなければ買主、売主双方がサインをします。

この段階で買主は契約を締結した証として、売主に手付金を支払うのが一般的です。

なお手付金の金額が売買金額の5%(完成済物件は10%)、もしくは1,000万円を超える場合は宅地建物取引業法に基づき、「手付金等の保全措置」を講じる必要があります。

売買契約が無事に完了したあとは、住宅ローンの正式申込みへと移ります。

そして住宅ローンの審査が完了したら、残金決済(手付金を差し引いた金額)を済ませて引渡しとなります。

●新築一戸建て住宅の契約書について

新築一戸建て住宅の売買契約書も、基本的には不動産会社が作成します。

この新築一戸建て住宅の売買契約書にも重要事項が記載されていますので、必ず契約前に目を通しておくようにしましょう。

新築一戸建て住宅の売買契約書でチェックしておきたいポイントには以下のようなものがあります。

・物件の所在地(住所)や面積
・売買代金や支払い方法
・所有権移転、引渡し時期
・手付金放棄によって契約を解除できる時期
・瑕疵(かし)の責任
・住宅ローン特約について

新築一戸建て住宅の購入では、主に違約金や手付金の金額、契約解除によって負担する責任などの面を重点的に見ておくようにしましょう。

契約締結後に、住宅ローンが通らなかった場合の手付金返金や契約解除の可否などのチェックも重要です。

■中古一戸建て住宅購入で重要なポイントを解説

中古の一戸建て住宅は新築物件と比べるとリーズナブルな価格で購入できるのが魅力です。

しかし、築年数が経過している中古一戸建て住宅を購入するときは、事前にチェックしておきたいポイントが多くあります。

ここでは中古の一戸建て住宅を購入するときに押さえておきたいポイントをまとめましたのでご覧ください。

●中古一戸建て住宅購入で失敗を防ぐポイント

中古一戸建て住宅は、新築の注文住宅などと違ってすでに物件が存在していますので、事前の内覧である程度の雰囲気をつかむことができます。

しかし、中古物件の場合は設備の老朽化が進んでいる可能性が高いため、場合によっては別途リフォームの費用がかかることがあります。

また、中古物件はケースによって住宅ローン控除が受けられないことがあります(例:築20年以上が経過した木造住宅など)。

住宅ローン控除は一定の条件を満たすことで、10年で最大400万円の節税が可能になります。

そのため、中古一戸建て住宅を購入するときは、住宅ローン控除が適用される物件を選ぶとよいでしょう。

比較的築浅の物件は価格が高いですが、その分各種設備も十分に機能することが多く、結果的にリフォーム費用を抑えられるというメリットもあります。

●中古一戸建て住宅購入の手順・流れ

中古一戸建て住宅購入の基本的な流れは、新築一戸建て住宅を購入するときの手順とほぼ同じです。

購入希望の物件が見つかったら不動産会社に購入申込みの連絡をし、住宅ローンの事前審査、重要事項の説明を受けて売買契約の締結という形になります。

ただし、中古一戸建て住宅の場合は購入前にホームインスペクションを実施することもあります。

ホームインスペクションとは建物の劣化具合などを調査するサービスです。

前述のように中古住宅は経年劣化などの影響により、建物の状態が悪くなっていることがあります。

この疑問が解消されない限りは買主も不安で契約を締結できないため、ホームインスペクションで事前に物件の状態を調査することができます。

ホームインスペクションを利用することで、想定外の補修費用が発生する可能性を限りなく抑えることが可能になります。

●中古一戸建て住宅購入の契約の流れ

中古一戸建て住宅購入の契約も基本的には新築物件と変わることはありません。

契約を締結したあと、正式に住宅ローンの申込みをし、審査に通過すれば引渡し日などの日程調整を行います。

その後、金融機関などで司法書士立ち会いのもと、残代金の支払いや登記手続きを行って引渡し完了となります。

●中古一戸建て住宅購入の契約書について

中古一戸建て住宅購入の売買契約書に関しても、基本的には新築物件購入の契約書と大きく変わる点はありません。

ただし、中古一戸建て住宅の売買契約書では、特に注意して見ておきたいポイントがあります。

それは「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」です。

瑕疵担保責任とは売買する物件に隠れた瑕疵があった場合に、売主が買主に対して負う責任のことを指します。

これは簡単に説明すると「契約締結後に補修が必要な箇所が見つかったら、その費用は売主が負担します」ということです。

中古物件は新築物件と比較すると、傷みが激しい箇所が見つかることも多いため、瑕疵担保責任の期間を設定するのが一般的です。

しかし、中には瑕疵担保責任を付けないで売買契約を締結することもあります。

このような契約内容だと、後日雨漏りなどが発覚しても買主の自己負担で補修をする必要が出てきます。

そのため、中古一戸建て住宅を購入する場合は、必ず瑕疵担保責任の有無について確認しておくようにしましょう。

ちなみに物件の売主が不動産会社の場合は、自動的に引渡しから2年の瑕疵担保責任が付けられますので安心です。

■まとめ

今回は土地、新築一戸建て住宅、中古一戸建て住宅に分けて、不動産購入時の重要ポイントをご紹介しました。

不動産を購入するときの手順、流れ、見ておくべきポイントなどは不動産の種類によって異なります。

そのため、不動産購入で失敗をしたくない方は、不動産の種類に合わせてチェックするポイントなども変えていくようにしましょう。