不動産コラム

これにもかかるの!?不動産売却時の相続税とは?

例えば、親族が亡くなった際に、その人が物件をもっていた場合(自宅も含め)、それも遺産相続で、相続税の対象となりますよね。

そこで、ここでは、不動産売却時の相続税とは?と思っている方にぴったりなことをご紹介しましょう。

1.不動産売却をするにかかる費用

不動産売却をする際には相続税がかかりますが、どんなことにお金がかかるのでしょうか。

それには、大きく分けて2つのことがあります。

1つは、一般的に言われている相続税と呼ばれるものです。

そして、もう1つが、相続登記をする際の費用です。

不動産売却をするためには、この不動産の持ち主を亡くなった方や、それを持っていた前の方から、あなたの名前に変更しなければいけませんよね。

その際の費用が、相続登記の費用となります。

そして、もう一つの、相続税とは、不動産を相続する際には、その土地の時価ではなくて、固定資産台帳、それ遺体には、路線価というものが存在するのです。

そういったものなどから計算して出された土地の評価に対して、そこに課税されていくので、それによって相続税が決まります。

2.相続税の取得費加算のスペシャルケース

東京の新築マンション売り出し期間

不動産売却時に相続税がかかることは一般的なのですが、売却時に、利益が出た際には、また違った相続税が加算されるということを覚えておきましょう。

その名前は、不動産譲渡所得税です。

誰かからの相続により取得した不動産である際には、「相続税の取得費加算の特例」を利用できます。

それによって、不動産譲渡所得税というものを安くすることができるのです。

結果的に節税対策をすることができます。

ただし、これを受けるためには、相続によって財産を取得した方だということや、その財産を所有することで、課税されている方など、ある程度の条件が決められていますので、知っておきましょう。

3.不動産売却時の相続税の計算方法とは

気になる相続税の計算方法をご紹介しましょう。

それが、取得費に加算する相続税(相続税の取得費加算の特例を出来る限り利用しましょう)=相続税額☓その不動産の資産価値、もしくは、相続税の課税価格となっています。

これを参考にして、自分が今売ろうと悩んでいる不動産を売却した時の相続税について、ある程度は把握しておきましょう。

不動産を扱う際にはどんな時にも是菌がかかりますが、不動産売却時にも想像区税がかかります。

その際の税制度とはこうなっていますので、参考にしてください。