不動産購入

マンションと一戸建てどちらが良い?

買い手は多いがライバルも多い!東京で中古マンションを有利に売却するコツ

分譲物件の購入を検討しているけれど、マンションと一戸建てを悩んでいる…という方は多いのではないでしょうか。

マンションと一戸建てどちらが良い?という疑問ですが、比較しなければならないポイントがたくさんありますので、一概にどちらが良いということはいえないといえます。

しかし、費用面や、生活面、そして資産価値などから、マンションと一戸建てはどちらがいいのかということを、自分たちで考えて見る必要があるといえるでしょう。

まず、一戸建てと、マンションではそれぞれ生活面でメリットがあるといえるでしょう。

まずは一戸建ての場合、建物が独立をしていますので、マンションのように、騒音を気にしなくて済むというメリットがあります。上下階や隣からの騒音を気にせずに暮らすことが出来ますので、マンションと比較をしてもその差は歴然であるといえるでしょう。

さらに、一戸建ての場合、庭付きの住宅をたてることができるというメリットがあります。子供がいる場合には庭で遊んだり、家庭菜園を作ったり…と憧れている方も居ますが、一戸建ての場合これを実現することが出来ます。

また、駐車場が一戸建てにはありますので、マンションとは違い、駐車料金を払う必要がありません。建て替えや修繕なども自由に行うことが出来ますし、プライバシー面などにも優れているという魅力があります。

一戸建てよりもマンションにメリットがある点は?

買い手は多いがライバルも多い!東京で中古マンションを有利に売却するコツ

しかし、マンションにもメリットがあるといえるでしょう。

マンションは、立地が良いことが多く、利便性の良い駅前などに建てられていることが多く、通勤や通学にも便利になります。

また、セキュリティ面でも安全ですし、庭などの管理が必要がないので、障害者や高齢者の方にも安心して暮らすことが出来るというメリットがあります。

さらに、資産価値を比較すると、一戸建ては建物の価値は落ちていきますが、土地は資産価値がありますので、一定の資産価値を保ち続けることが出来ます。

マンションの場合には、所有土地がわずかですので、価値がどんどん下がっていってしまうというデメリットがあります。

もしも、将来的に、売却を考えているのであれば、一戸建ての方が良いといえますし、また、ある程度年齢層が高く、駅前などでバリアフリーの住宅に住みたいというのであれば、マンションを選んだ方がメリットが大きいといえるでしょう。

住む人の年齢層、またライフスタイルによって、どちらが良いのか変わってくるので、これらのメリットを踏まえて考える必要があります。