不動産コラム

土地の登記の仕方と特徴について

工事費用が足りない!?東京の中古マンションで頻発する修繕積立金トラブル

自分の家を持つことは多くの人の目標でもあり、一番高い買い物でもあると言えます。自分のマイホームを建てることを検討する場合に、土地を購入すると思いますが、不動産屋に相談して購入代金を払った後に土地の所有権が変わった事を明記する登記手続きをする必要があります。

一般的には司法書士に任せることがベターですが、手続きの内容や土地の登記の仕方などを把握しておくことが大事と言えます。

不動産登記がある理由について

東京の新築マンション売り出し期間

登記は住宅購入や土地の所有について必要なことですが、所有権が誰にあるかという事と大きさや場所などを届け出る事で、登記簿に記載してもらう事を指します。大きな買い物でもある土地を購入する事は、気軽に出来るものではないですし、家や土地は大きな財産になるので、自分の土地に誰かが家を建てて住んでいた、自分の家が勝手に売られたという事がないように設定されたものです。所有権をめぐる争いにならない為に不動産登記はあり大事なものとして認知されています。

不動産屋は誰でも出来る事

堅っ苦しいイメージのある難解な印象の不動産登記ですが、誰でもできるとされています。住宅ローンを利用されている場合などすべて誰でもという訳にはいかないです。

買主が自分で不動産登記をしようと思う場合には、銀行はお金を借りる予定の不動産の買い主に渡す書類があります。抵当権設定証書と金銭消費貸借契約証書が必要書類です。

売主も、資格のない買主に、印鑑証明書など重要な書類を渡すことは嫌がると言えます。理由としては、登記だけして代金を支払ってもらえない可能性があるからです。

基本的に売主や銀行に協力してもらわないと不動産登記は出来ないという事です。

住宅ローンを組む場合には銀行が司法書士を指定してくるので、司法書士に任せるのが良い選択と言えます。

【不動産登記の流れについて】

不動産を自分で登記するときの手続きとしては、最初にやる事として、申請書を作成して必要書類を添付し、法務局に提出する事が肝要です。

登記官が審査をしてくれて、問題がなければ受理されます。不動産登記の申請書が受理される事で、登記簿に記載されます。注意点としては、必要書類は、その不動産登記の種類によって異なる事です。

不動産登記として土地の登記は少し難しいとされていますが不動産登記について理解しておく事が肝要と言えます。司法書士に任せればストレスフリーですが、流れややり方を身につけておくと良いです。