不動産コラム

東京で中古マンションを売却する際に制約までにかかる期間はどれくらい?

中古マンション購入後のトラブルは「配管」

東京で中古マンションを売却した際に成約に至るまでの期間ですが、成約までのスピードは売りに出すマンションのスペックにもよりますし、そのマンションを買いたいというお客さんにどれだけ早く巡り合えるかという運にも左右されるため一概には言えません。

しかし一般的には3か月から半年以内で中古マンションは売却できるとされており、半年を経過すると希望通りの価格で売却すること自体が難しくなると言われています。

どうして中古マンションが売却できるまでの期間が半年以内に限定されているのかというと、マンションの購入を希望する顧客というのは、だいたい3か月で一巡するとされているためです。

例えば、自分が所有しているマンションが建っている地区でマンションを購入しようとしている人に対して、その地域に建築されているマンションの中で、希望通りの条件になっている物件をすべて紹介する期間というのは1か月もかからないでしょう。

たとえ何らかの用事によって一時的にマンション探しを止めていたとしても、2か月もあれば物件の紹介はできます。

そして、成約をして実際にマンションを引き渡すまでにだいたい1か月くらいかかることを考慮すれば、おのずと中古マンションを売りに出して制約に至るまでの期間は3か月になると導き出されます。

3か月で顧客が一巡すると考慮すれば、半年でもう1回顧客が一巡するという事になります。1サイクル目ではたまたまお客さんに恵まれなかったという場合もありますが、2サイクル目でも売れなかったとなると、その物件には売却にまで至らない決定的な原因があると考えて間違いありません。

そのままで売りに出しても、半年も売れ残っている物件は「何か売れ残っている原因があるのだろう」と警戒され、見向きもされない場合がほとんどです。

期限内にマンションを売却するには

東京で中古マンションを売却する際に制約までにかかる期間はどれくらい?

期間内にマンションを売却するためには、事前準備をしっかりしておくことがとても重要になります。

事前準備をしっかりするためには余裕を持って行動することを心掛けるようにしましょう。慌てて行動すると準備が不十分となり、結果的に期限内にマンションが売れないという事になりやすいです。

事前準備をする中でまず知っておいてほしいのが自分が売りに出そうとしているマンションの適正価格を知るという事です。

買い手が納得するような価格設定ができているマンションであれば、よほどのことがない限り期限内に売ることができます。

マンションの適正価格を知るには、近隣の同クラスのマンションがどれくらいの価格で売りに出されているかを調べたり、複数の不動産会社に栄をいらうするのが最も手っ取り早いです。