不動産コラム

登記簿謄本の読み方で大事なこと

東京の新築マンション売り出し期間

登記簿謄本の読み方も難しかったりしますが、マイホーム購入時、相続などで接する不動産の登記制度で、手続きは複雑だ使用後難しくよく分からないということが多いです。

手続は専門家に任せることがほとんどで、登記簿に関してよく知らない人が多いはず。

不動産登記は各自不動産の権利関係を法務局の登記簿に記録する制度であり、それぞれの不動産でだれがその不動産所有してるのか等登記されて、売却によって所有者変った時、新たに権利が設定されたときなど、管理関係に変化起きたとき登記をするのです。

また、不動産ということを説明すれば一般に一戸建ての家を差し、あの不動産購入したというとき土地、建物ひっくるめいつことが多いですが、不動産登記の不動産は土地、建物は別の不動産とみなします。

不動産の権利管理に関して

工事費用が足りない!?東京の中古マンションで頻発する修繕積立金トラブル

そして不動産登記はあなたの不動産権利関係を記録するものですが、不動産に関し権利の中で一番わかりやすいのは所有権。マンション購入で売り主と売買契約すると不動産所有権はあなたに移るのですが、不動産所有権が移転したことを不動産登記簿記録することが可能で、これは所有権移転登記といい、不動産登記は所有権以外にいろいろ権利設定されます。

マンション購入時銀行で住宅ローンを組み資金借り入れたとき銀行は融資する代わり返済終了まであなたの土地、建物に抵当権設定するのです。

これも登記が可能。不動産登記の役目ですが、不動産権利を公示し安心して取引できる事。

そしてあなたが自分の不動産登記してることはどういった効力があるのか?自分の持ってる不動産の権利登記すれば得られる一番の効力は第3者に対し権利主張が可能ということ。

貴方が売り主から不動産購入して、所有権は移ったのですが、所有権移転登記はまだ出、あなたへの投棄されてない間に前の売主は、建物を別のAさんに売却してその方は購入後すぐ自分への所有権移転登記したとき、契約成立し所有権移ったのはあなたの方が先ですが、Aさんの方が先に不動産に関して登記澄ましてます。

この時Aさんは登記してることで土地に関して自分の所有権第三者のあなたに主張した移行が可能です。結果貴方は先に勝ったからと所有権主張が行えません。

登記簿みると不動産の権利関係を知ることが可能。

登記簿しらべるには法務局に行って閲覧する方法やネットで閲覧も可能。そして今まで登記簿しらべるには閲覧があったのですが、これは調べたい不動産管轄の法務局に行き直接見るということです。

登記簿謄本の読み方は勉強しましょう。