カテゴリー「未分類」の記事

どうなの?!家財保険には入るべき?

2018年10月17日 / 未分類

世間には、色々な保がありますが、家財保というのもあります。

家財保には入るべき?と、家族で話し合っている方も多いと思いますので、ここでは、そうすべきかどうかについてポイントごとに見ていきたいと思います。

1.家財保は何に適するのか

家財保に入るべきかどうかで迷っている方は、まずはどんなことに家財保が適されるかを知っておくことが大切です。

基本的には、家具や衣服、それに、こうかなアート作品や現金などがこれに含まれます。

逆に、含まれないものとして、車や建物自体、それに、ペットや電子マネーなどがあります。

特にお子さんが小さくて、ベッドなどのインテリアをすぐにおもちゃなどできずつけてしまうなんて言うケースには、家財保が適されます。

電化製品などもしてしまうことがありますが、そういった際にも家財保は適されるので、小さなお子さんがいて、自宅のインテリアをしてしまいそうという方は家財保に入っておくと良いでしょう。

逆に、子供も大きくなっていたり、適されるものに関して大して心配されていないという方は、家財保に入る必要はないと思って構いません。

2.どんな家のタイプに家財保は向いているか

賃貸物件であっても、マイホームであっても、家財保に加入することはできます。

物件自体には家財保は適になりませんから、どちらのタイプの家であっても、家財保に保する必要はありません。

しかし、上記のように、小さなお子さんがいる場合であったり、自分の大切な衣服をもしかしたら使えない態にしてしまうかもしれないという恐れがあるのであれば、家財保に入っておくと安心できます。

3.家財保をお得に利用する方法と結論

平均して、家財保の利用には、年間で4000円から1万円前後かかるとされていますので、そんなに負担は大きくありません。

もちろん、これは保会社によって段が異なりますので、まずは、家財保を扱ている保会社の料金比較と、サービス比較をした上で、どれだけ安く、どれだけ多くのサービスを提供してくれるのかということに着目すれば、家財保は選びやすくなります。

御覧の通り、段的にはそんなに負担のない家財保ですが、今持っている家具が傷ついても良いと思っているのであれば、入る必要はありません。

例え、年間1万円弱でも出費は出費ですから、今ある家財を守りたいと思っている方には家財保をおすすめしますが、そうでない方は、入らなくて良いと言えます。

土地局ってなにが出来るの?

2018年9月30日 / 未分類

不動関連について調べた時に、土地局という言葉を聞かれた方も多いかもしれません。

土地局ってなにが出るの?と思われる方も少なくないので、ここでは、土地局ができることについてご紹介したいと思います。

1.土地局とは

昔は土地局という言葉で親しまれてきましたが、編成がされ、現在では、土地水資源局という呼び名になっているのが、土地局です。

これは、国土交通省の発足によって今までのやっていたことの沿革がなされたために、さらに細かく色々な局を分けたことによるものです。

2.土地局は土地の境界線を決めることができる

これはいまだにある問題の1つかもしれません。

特に、フェンスなどがない家や、どこからどこまでが自分の土地化というのが、大きな土地になればなる程起こってくることだといえるでしょう。

そんな時に、土地局が出てきます。

どこからどこまでがあなたの敷地ですということを決めることで、土地の売買や取引などを円滑に進めるという役目を果たしています。

3.土地の取引に関する規制を設ける

土地の取引がスムーズに行われるように、そして、土地の取引の際にはよく問題が起こりますが、そういった問題を防ぐためにも規制は必要ですよね。

そういったものを土地局では制定しており、誰もが土地を有効的に使っていけるようにしています。

4.不動の鑑定と評

これはそのままの意味ですが、不動価値を判定することで、その不動額を提示すること、それが土地局で行われています。

つまり、家の価値についてを提示することができるのです。

5.土地の政策を行うことができる

そもそも、土地局の最大の目的ともいえることが、土地の有効活用です。

限られた土地を有効に国民に使ってもらうということですが、それをするためには、土地の活性化を行わなければいけません。

例えば、今までは工場地として使われていた土地が、その工場が倒なり、引っ越しなりをして、ずっと墟地態になっている時、これは、土地の無駄遣いになってしまいますよね。

そんなことを防ぐためにも、土地局が出てきて、使っていない土地を効率的に使えるような政策を行ったり、それを推進するような動きを示すことができます。

例えば、あなたがどうしても売ることができない不動や土地を持っている場合、このように土地を有効的に活用してくれる土地局にってみるのもよいでしょう。

このような限が土地局にあることを知っておくと、不動売却時などに便利です。

登記簿謄本の読み方でだいじなことは

2018年8月13日 / 未分類

登記簿謄本のみ方も難しかったりしますが、マイホーム購入時、相などで接する不動の登記制度で、手きは複だ使用後難しくよく分からないということが多いです。

門家に任せることがほとんどで、登記簿に関してよく知らない人が多いはず。

不動登記は各自不動利関係を法務局の登記簿に記する制度であり、それぞれの不動でだれがその不動所有してるのか等登記されて、売却によって所有者った時、新たに利が設定されたときなど、管理関係に化起きたとき登記をするのです。

また、不動ということを明すれば一般に一建ての家を差し、あの不動購入したというとき土地、建物ひっくるめいつことが多いですが、不動登記の不動は土地、建物は別の不動とみなします。

そして不動登記はあなたの不動産権利関係を記するものですが、不動に関し利の中で一番わかりやすいのは所有。マンション購入で売り主と売買契約すると不動所有はあなたに移るのですが、不動所有が移転したことを不動登記簿記することが可能で、これは所有移転登記といい、不動登記は所有以外にいろいろ利設定されます。

マンション購入時銀行で住宅ローンを組み資金借り入れたとき銀行は融資する代わり返終了まであなたの土地、建物に抵設定するのです。

これも登記が可能。不動登記の役目ですが、不動産権利を公示し安心して取引できる事。

そしてあなたが自分の不動登記してることはどういった効力があるのか?自分の持ってる不動利登記すれば得られる一番の効力は第3者に利主張が可能ということ。

貴方が売り主から不動購入して、所有は移ったのですが、所有移転登記はまだ出、あなたへの投棄されてない間に前の売主は、建物を別のAさんに売却してその方は購入後すぐ自分への所有移転登記したとき、契約成立し所有移ったのはあなたの方が先ですが、Aさんの方が先に不動に関して登記澄ましてます。

この時Aさんは登記してることで土地に関して自分の所有第三者のあなたに主張した移行が可能です。結果貴方は先に勝ったからと所有主張が行えません。

登記簿みると不動利関係を知ることが可能。

登記簿しらべるには法務局に行って覧する方法やネットで覧も可能。そして今まで登記簿しらべるには覧があったのですが、これは調べたい不動管轄の法務局に行き直接見るということです。

登記簿謄本のみ方は勉強しましょう。

土地の登記の仕方と特徴について

2018年7月8日 / 未分類

自分の家を持つことは多くの人の目標でもあり、一番高い買い物でもあると言えます。自分のマイホームを建てることを討する場合に、土地を購入すると思いますが、不動屋に相談して購入代金をった後に土地の所有わった事を明記する登記手きをする必要があります。

一般的には司法書士に任せることがベターですが、手きの容や土地の登記の仕方などを把握しておくことが大事と言えます。

【不動登記がある理由について】

登記は住宅購入や土地の所有について必要なことですが、所有が誰にあるかという事と大きさや場所などを届け出る事で、登記簿に記載してもらう事を指します。大きな買い物でもある土地を購入する事は、気軽に出るものではないですし、家や土地は大きな財になるので、自分の土地に誰かが家を建てて住んでいた、自分の家が勝手に売られたという事がないように設定されたものです。所有をめぐる争いにならない為に不動登記はあり大事なものとして認知されています。

【不動屋は誰でも出る事】

堅っ苦しいイメージのある難解な印象の不動登記ですが、誰でもできるとされています。住宅ローンを利用されている場合などすべて誰でもというにはいかないです。

買主が自分で不動登記をしようと思う場合には、銀行はお金を借りる予定の不動の買い主に渡す書類があります。抵設定証書と金消費貸借契約証書が必要書類です。

売主も、資格のない買主に、印鑑証明書など重要な書類を渡すことは嫌がると言えます。理由としては、登記だけして代金を支ってもらえない可能性があるからです。

基本的に売主や銀行に協力してもらわないと不動登記は出ないという事です。

住宅ローンを組む場合には銀行が司法書士を指定してくるので、司法書士に任せるのが良い選と言えます。

【不動登記の流れについて】

不動を自分で登記するときの手きとしては、最初にやる事として、申請書を作成して必要書類を添付し、法務局に提出する事が肝要です。

登記官が審をしてくれて、問題がなければ受理されます。不動登記の申請書が受理される事で、登記簿に記載されます。注意点としては、必要書類は、その不動登記の種類によって異なる事です。

不動登記として土地の登記は少し難しいとされていますが不動登記について理解しておく事が肝要と言えます。司法書士に任せればストレスフリーですが、流れややり方を身につけておくと良いです。

固定資産税とは何?

2018年6月25日 / 未分類

金の問題について語られる時、所得や住民、消費、相などの次ぐらいに聞く名に、固定資という名目の金があるのではないでしょうか。とは言え、若い方では、固定資とは何?とよく知らない方も居るかもしれません。ここでは、その固定資について解したいと思います。

固定資について明するには、まず、固定資象としている固定資とは一体何か、ということを明する必要があります。

具体的には、土地、家屋などの建物に加え、建物以外で、()自動車やバイク等を除いた償却資のことを言います。償却資から、何故自動車などが除外されたかと言いますと、それらは()自動車象だからです。

償却資は、一般の方にはほとんど関係がなく、工場の設備や装置など、一定金額以上のものが象です。自動車は象外ですが、飛行機や船は固定資象となっていることにも注意が必要です。

また、課象の償却資事業用であることに注意が必要です。この点が、一般の方にはほとんど関係がないと言う理由にもなっています。

そして固定資とは、それらについて、それらが属する市町村(東京23区ではそれぞれの)に、一定額の金をめる必要がある、いわゆる地方1種となります。

象年度の11日に、その固定資を所有している人が、その年の分の固定資を市町村に納める必要があります。ですから、年の途中で所有者がわった場合でも、年間通じた納者は前の所有者のままです。

固定資の計算方法は、基本的に、課標準額と呼ばれる基準額に、標準率と呼ばれる、基準率である1.4%をじて計算されます。

問題は課標準額ですが、土地の場合には基本的に時とされています。ただ、時をそのまま計算しますと、固定資がかなり高額になってしまうため、複な計算方法を用います。基本的に公示地と呼ばれる、国などが評した地を利用して計算されます。

家屋などの建物については、再建築格(額)と呼ばれる金額が、課標準額となります。再建築格とは、同じ建物を今作り直した場合、いくら掛かるのかという金額見積もりのことです。ただ、計算方法が特殊ですので、一般的な建築費と同額にはならず、概ね67割前後の金額となる場合が多いようです。

償却資の場合、課標準額は取得額となります。つまり購入した場合には、その金額であり、製作した場合には、その原となります。

然、取得額に金が掛かると言っても、取得額から減償却が行われた後の金額に、標準率がじられたものが固定資額となります。

尚、固定資は、課標準額で、土地であれば30万円未、建物であれば20万円未、償却資であれば150万円未のものについては免されます。

固定資は、1年の4回の納期が設けられていますが、市町村によって微妙な違いが出ますので、それぞれの市町村に確認する必要があります。

これにもかかるの!?不動産売却時の相続税とは?

2018年5月17日 / 未分類

例えば、親族が亡くなった際に、その人が物件をもっていた場合(自宅も含め)、それも遺で、相象となりますよね。

そこで、ここでは、不動売却時の相とは?と思っている方にぴったりなことをご紹介しましょう。

1.不動売却をするにかかる費用

不動売却をする際には相がかかりますが、どんなことにお金がかかるのでしょうか。

それには、大きく分けて2つのことがあります。

1つは、一般的に言われている相と呼ばれるものです。

そして、もう1つが、相登記をする際の費用です。

不動売却をするためには、この不動の持ち主を亡くなった方や、それを持っていた前の方から、あなたの名前に更しなければいけませんよね。

その際の費用が、相登記の費用となります。

そして、もう一つの、相とは、不動を相する際には、その土地の時ではなくて、固定資台帳、それ遺体には、路線というものが存在するのです。

そういったものなどから計算して出された土地の評して、そこに課されていくので、それによって相が決まります。

2.の取得費加算のスペシャルケース

不動売却時に相がかかることは一般的なのですが、売却時に、利益が出た際には、また違った相が加算されるということをえておきましょう。

その名前は、不動産譲渡所得です。

誰かからの相により取得した不動である際には、の取得費加算の特例を利用できます。

それによって、不動産譲渡所得というものを安くすることができるのです。

結果的に節策をすることができます。

ただし、これを受けるためには、相によって財を取得した方だということや、その財を所有することで、課されている方など、ある程度の条件が決められていますので、知っておきましょう。

3.不動売却時の相の計算方法とは

になる相の計算方法をご紹介しましょう。

それが、取得費に加算する相税(の取得費加算の特例を出る限り利用しましょう)=相その不動の資産価値、もしくは、相の課格となっています。

これを参考にして、自分が今売ろうとんでいる不動を売却した時の相について、ある程度は把握しておきましょう。

不動を扱う際にはどんな時にも是菌がかかりますが、不動売却時にも想像区税がかかります。

その際の制度とはこうなっていますので、参考にしてください。

マンションと一戸建てどちらが良い?

2018年4月9日 / 未分類

物件の購入を討しているけれど、マンションと一建てをんでいるという方は多いのではないでしょうか。

マンションと一建てどちらが良い?という疑問ですが、比較しなければならないポイントがたくさんありますので、一概にどちらが良いということはいえないといえます。

しかし、費用面や、生活面、そして資産価値などから、マンションと一建てはどちらがいいのかということを、自分たちで考えて見る必要があるといえるでしょう。

まず、一建てと、マンションではそれぞれ生活面でメリットがあるといえるでしょう。

まずは一建ての場合、建物が立をしていますので、マンションのように、音をにしなくてむというメリットがあります。上下階や隣からの音をにせずに暮らすことが出ますので、マンションと比較をしてもその差は歴然であるといえるでしょう。

さらに、一建ての場合、庭付きの住宅をたてることができるというメリットがあります。子供がいる場合には庭で遊んだり、家庭菜園を作ったりと憧れている方も居ますが、一建ての場合これを実現することが出ます。

また、駐車場が一建てにはありますので、マンションとは違い、駐車料金をう必要がありません。建て替えや修繕なども自由に行うことが出ますし、プライバシー面などにも優れているという魅力があります。

しかし、マンションにもメリットがあるといえるでしょう。

マンションは、立地が良いことが多く、利便性の良い駅前などに建てられていることが多く、通勤や通学にも便利になります。

また、セキュリティ面でも安全ですし、庭などの管理が必要がないので、障害者や高齢者の方にも安心して暮らすことが出るというメリットがあります。

さらに、資産価値を比較すると、一建ては建物の価値は落ちていきますが、土地は資産価値がありますので、一定の資産価値を保ちけることが出ます。

マンションの場合には、所有土地がわずかですので、価値がどんどん下がっていってしまうというデメリットがあります。

もしも、将来的に、売却を考えているのであれば、一建ての方が良いといえますし、また、ある程度年齢層が高く、駅前などでバリアフリーの住宅に住みたいというのであれば、マンションを選んだ方がメリットが大きいといえるでしょう。

住む人の年齢層、またライフスタイルによって、どちらが良いのかわってくるので、これらのメリットを踏まえて考える必要があります。

土地付きの建て売り物件の魅力とは?

2018年3月10日 / 未分類

住宅を購入する上で、土地付きの建て売り物件を討しているという方も多いのではないでしょうか。土地付の建売物件にはたくさんの魅力があるといえるでしょう。そこで、土地付きの建て売り物件の魅力とは?どういった点があるのでしょうか。

まず、注文住宅と比較して、土地付の建売物件の場合には、総額費用が安くむというメリットがあります。

エリアによっては、土地付で、かなりの格安の費用で購入することが出て、めの土地ならば、販売格もそれなりに安くなることが多いです。

現在賃貸に住んでいる方は、現在の家賃よりも安い格で住むことが出るというメリットがあります。

注文住宅の場合にはあれもこれもと希望を出していけば、予算をあっという間にオーバーしてしまうことになってしまいますし、注文住宅の場合、建売住宅よりも総額の費用はかなり高くなります。

しかし、建売住宅の場合には、こういったこともありません。注文住宅よりも安くで住宅を購入できるので、住宅ローンのリスクや、不安なども減することが出るのです。

また、土地付の建売住宅のメリットとして、購入した場合には、その後すぐに住むことが出るというメリットがあります。

子供が入学をするので、すぐにでも住みたいという方や、すぐにでも事情があって引っ越しを早くしたいという方もすぐに住むことが出るため、こういったでは、とても魅力的であるといえるでしょう。

注文住宅の場合には、メーカーと契約をしてから、実際に建て終わるまで、かなりの時間がかかるといえるでしょう。間取りを考えたり、契約をしたり、さらに工事と、こういった流れで、結局半年から1年以上の期間がかかってしまうこともあります。

しかし、建売住宅は、購入をするとすぐに住むことが出ますので、時間をかけずに、住宅にすぐに住みたい方にも魅力であるといえるでしょう。

また、建売住宅の場合には、既に家ができあがっていますので仕上がりをイメージしやすく、住んでいるイメージを想像しやすいというメリットがあります。

一方で注文住宅は、実際に建っている家ではないので、どうしてもイメージと実際が違っていたりと、後悔してしまうポイントが出てきたりします。

間取りの使いやすさだったり、家具の配置などもイメージしやすいため、実際に住んだときのことをイメージしやすいのが建売の魅力であるといえるでしょう。

このように、土地付の建売物件にはさまざまな魅力があるのです。

建て売り物件と注文住宅の違いについて

2018年2月5日 / 未分類

結婚をして子供が生まれると、次はいよいよマイホームだなと考えている家族は多いかと思います。そんな夢のマイホームを購入する時は、中古物件を除いて2種類しかありません。

1つ目は建て売り物件で、2つ目は注文住宅です。建て売り物件と注文住宅の違いがよく分からないという人もいると思いますので、明をしていきます。

まず、建て売り物件というのは既に出上がっている新築の物件の事を言います。たまに自宅のポストに、建て売り物件が月完成!○○日より覧会を行いますので是非てください!みたいなチラシが入っていた事はありませんか?これで見学をしにたお客さんがに入れば後は購入の手きをするだけでマイホームを手に入れる事が出ます。

そして、注文住宅についてですが、更地の上にお客さんが希望する家を建てるという方法です。実際は法律も絡んできますので、建築に詳しくないお客さんが希望する通りに住宅を建てる事は出ません。

ですが、極力希望に沿うようにハウスメーカーの人も頑張ろうとします。注文住宅を建てる時は、間取りや外を考えることも大事ですが、それと合わせて土地も探さないといけません。

建て売り物件も注文住宅も新築であることにはわりはありません。ですが、それぞれに良ししがあるのも確かです。例えば建て売り物件のメリットは、既に物件が出上がっているので、見た通りの間取りですし、外もその通りです。

今使っているベッドを置くことが出るのかどうか、寸法を測ってみて自分の目で確かめることができます。逆にデメリットは、今まで色々な人がその物件を見にているので、部屋の構造がたくさんの人にバレてしまっているという事です。

注文住宅のメリットは、自分たちが望む土地に自分たちの希望に近い物件を建てる事が出る所です。

にデメリットは、実際に建ってみたら自分たちがイメージしていたのと違う部分が出てくるかもしれないという事です。

打ち合わせをしている最中は実物を確認することが出ないので、そのような事が起きてしまう可能性があります。

以上のように、建て売り物件と注文住宅の違いについて明をしましたが、もし自分が望んでいる土地で、自分の理想とする間取りが建て売り物件として建っていた時は、注文住宅ではなく建て売り物件を購入してみてはいかがでしょうか?

自分の目でしっかりと確認が出るので、間違いのないマイホームを手にすることが出ると思いますよ。

良い土地を見つけるには

2018年1月20日 / 未分類

良い土地を見つけるにはまず、土地の価格を知る事です。国土交通省のウェブサイトで不動取引格や地公示格など土地の相場を確認することができます。高い段を吹っ掛けられないためにもまず相場を頭に入れておきましょう。

 次に、自分が欲しいエリアの周辺はマメにくようにしましょう。

売れる土地、みんなが欲しい土地というのはネットや広告に売りに出される前に売れてしまうケースが多いのです。不動屋にとって土地が遊んでいることが一番の出費なのです。

欲しい土地に空きが出そうなのを見つけたらすぐに近所の不動屋さんに相談しましょう。最初から買い手がついている土地なんてのは不動屋にとったら願っても無い話ですから必死に取り合ってくれます。不動屋さんは有効活用しましょう。次にその土地をできるだけ監視しましょう。

土地が良い場所であったとしても周りの環境が良い場所とは限りません。近隣住民に問題があるとか、音がうるさいとか、夜ががしいとか。

なかなか一日中張り付いていることはできないと思いますが、可能な限り生活に組み込んで、例えば朝の通勤を土地の前を通るようにするとか、女房に間見に行ってもらうとか家族全員で対応しましょう。

 そもそも良い土地とはどんな基準から決まるのでしょうか。土地も格に浮き沈みがある物ですから将来性のある土地を買わなければ大損することも考えられます。そのためまず探す前にいくつか選考基準を決めておくと良いと思います。

 私はこう考えています。これからニッポンは人口が減少していきます。50年後には3000万人とも言われています。人口が少なくなっていけば人が郊外に郊外にと押し出されていくこともありませんから、不動の売買は中心部に集中するでしょう。

そして人口はそのままGDPに影響を与えます。GDPが下がれば然不景ります。進んでいけば結局これも地方は過疎化が進んでいく事となるでしょう。

つまり中心部の土地は上がり、郊外は段が落ちていくだろうと考えます。しかも激しくこの症が出るのではないかと思います。田は売がつかないような下落。

都市部は高騰する。長い目で見れば私はそう考えます。ですから田よりは大都市をまず選しましょう。

そして駅近です。土地が余っているのに駅からバスをぐような土地は売り手もつかないハズです。将来、売りが効かないような土地を買ってしまっては良い土地を買ったとは言えません。

後は条件的に再建築可であったり、土地の水はけが良いかを確認しましょう。土地の地質については書館などで古地を確認し、元々どんな土地だったかを確認すれば安心です。

田んぼであったり沼であったりぬかるんだような土地はできる限り避けたほうが良いと思います。

カテゴリー

TOPへ戻る